本文へスキップ

工事の進み具合Progress photo



2019年4月上旬 D3路線

鋼矢板圧入を
JR白新線に向かって再開しました。
4月26日までに鋼矢板圧入を
完了させる予定です。
ゴールデンウィーク明けから掘削して
ヒューム管の布設を行います。

No.5-3落差人孔のコンクリート打設が
ようやく終了致しました。
これから型枠を解体し、
内部の仕上げに入ります。

※近隣住民の皆様方には常日頃から大変なご迷惑をお掛け致しておりますが、
 ゴールデンウィーク期間中(4月27日〜5月6日)は仮復旧と覆工板にて全面開放する予定です。



2019年3月上旬 D3路線

3号マンホールです。
高さも1.5mと高いですが、
それ以上に、Φ900mmのヒューム管の
入る場所が大きくてビックリです。

Φ900mmのヒューム管を
布設しています。
出来上がると、ここに雨水が流れます。
雨が降ってもご安心あれ!

落差人孔の中です。
ただいま地下3階を作っています。
地下10mくらいの深さです。
地上3階建ての建物の高さと
同じくらいです。



2019年2月上旬 D3路線

いよいよ落差人孔地下4階部分の
型枠組立も大詰めです。
円形の為職人技が発揮される仕事です。

ちなみに立坑内の温度は、
最高15℃、最低でも10℃のため
仕事してる人は地上にいるよりも暖かく
快適と口を揃えて言っています。

2月6日に、No5-3落差人孔の
B4F(地下4階部分)のコンクリート打設を
行いました。
冬場には珍しい天候に恵まれて、
次もこのような天気であることを
祈りたいと思います。



2019年1月上旬 D3路線

バックホウを使用し、
切梁を付けられる高さまで掘り下げます。

土留矢板を安定させるため、
切梁をしっかり水平に取り付けています。

仕事が終わったら、覆工板でふたをして
通行が可能になります。
雪などが積もると滑りやすいので
十分に注意して通行をお願いします。



2018年12月上旬 D2路線

D2路線の推進工事が11月末に完了しました。
D3路線と同じく、湧水が多く非常に苦労しましたが、無事にシールド管に管が到達しました。
今後は近隣ガス工事などがあり、再開は1月末ごろからマンホール設置を行う予定です。

 

 



2018年12月上旬 D3路線

D3路線では、推進工事が終わり11月下旬から鋼矢板圧入工事が始まりました。
長さL=7mの矢板を地面に圧入しています。
大型の機械で作業していますので、近くを通る際はくれぐれもご注意願います。

 

 



2018年11月中旬 D3路線

9月末から推進工事を開始しましたが
色々とありまして
10月末再開となりました。

いよいよ直径1.1mの鋼管1本目が
地下12m付近の所を
掘進スタートします。

長さ60cmの鋼管推進も大詰めです。
最後の9本目セット完了

見えました。
シールド本管3250mmの横、
セグメント部分です。

慎重にシールド本管手前まで掘進し
到達しました。

1.1mの鋼管に本管900mmの
FRPM管を挿入スタート。
完成すればここに雨水が流れます。

鋼管に続いて本管も
シールド坑内に到着しました。
(シールド内より撮影)

色々とありましたが
これでD3路線の推進工事は完成。
シールド本管を確認できます。
(発進立坑側より撮影)

※工事に伴い地元の方々には交通規制にご理解、ご協力いただきありがとうございました。
 この後も開削工事を予定していますので引き続きご理解、ご協力をお願いします。



2018年9月上旬 D3路線

D3路線の地盤改良工事も最終の第3弾:
薬液注入工を行っています。
週末からは推進工事に取り掛かります。
引き続き交通規制(通行止め)を
しながらですので、
ご迷惑お掛けしますが
ご協力をお願いします。

作業中は交通規制をしていますので、
JR貨物の出入り口が変わります。
看板や誘導員の指示での
出入りになりますので
ご協力をお願いします。



2018年8月下旬 D3路線

D3路線の地盤改良工第2弾:
スーパージェット工法にて
改良体φ3200mmを2本作りました。
前回行ったCJG工法が
φ1800ですからそれの約2倍の
造成径になります。

次回は地盤改良工第3弾:
薬液注入工を9月初旬に行う予定です。
なお、日中通行止めで行いますので、
通行の際は十分にご注意ください。



2018年8月上旬 D2路線

D2路線の立坑ケーシング築造を
8月7日から行いました。
深さが13.4mと、
D3路線よりは浅めですが、
10m以上の立坑は滅多にないので、
より慎重に作業を行いました。
手前にいる見張り員は、
上空の架空線を見張る為、
専属で配置しました。

8月7日から行っていた掘削・圧入および、
底盤コンクリートの打設が完了しました。
覆工板周辺は、
十分注意し通行してください。
ご不便、ご迷惑をお掛けしますが、
ご協力をお願いします。
次回は、地盤改良工(CJG)を、
9月初旬に行う予定です。



2018年7月下旬 D3路線

立坑が終わり、
推進工事の前に地盤を改良します。
その第1弾(CJG工)
地盤の中で直径1.8mの改良体を
4本作っています。
スペシャリスト達です。

地元のみなさまの協力があり、
通行止め規制にて予定通り終わりました。
覆工板周辺は
十分注意し通行してください。
次回はお盆明けに
改良工事第2弾 SJ-35を行います。



2018年7月上旬 D3路線

ケーシング立坑の施工状況です。
完成すると深さ14.3mになります。

覆工板を設置しました。
通行の際には十分注意願います。